国際ロータリー2610地区 加賀中央ロータリークラブ

国際ロータリー2610地区 加賀中央ロータリークラブ

加賀中央ロータリークラブ

ロータリークラブ

 

ロータリークラブとは加賀中央ロータリークラブ 2021-2022クラブターゲット【『Again』~つなげよう 明日へ~】

他人に対する思いやりと、他人のためにつくすことである。
ロータリアンは、地域社会をより良くする努力を通して他人のために奉仕し、ビジネスと専門職務における道徳的水準を高め、各国の人々の聞にも知識と理解の懸け橋を築いて世界平和の大義を推進することを目指 している。
超我の奉仕。

 

第44代 会長
奥出 桂子

加賀中央RC 奥出 桂子(おくで けいこ) 

2022-2023年度 加賀中央RC 会長 永山 信也(ながやま しんや)

今年度、加賀中央ロータリークラブ第44代会長を務めさせて頂くこととなりました。
身に余る大変光栄なことと恐縮しております。
三年も続いたコロナ禍で会員が減少する中、浅学非才な私が職務を全うできるか不安と責任感でいっぱいです。微力ではありますが、精一杯務めたいと思います。

さて、今年度のRI会長ゴードンR.マッキナリー氏(スコットランド)のテーマは、世界に希望を生み出そう」 CREATE HOPE in the WORLDです。
マッキナリー氏は、「私たちの目標は、破壊的な紛争から世界が立ち直れるように、希望を取り戻すことです。そうすれば、私たち自身のために持続可能な変化をもたらすことが可能となります」と述べておられます。
そして第2610地区ガバナー 原 勉氏は、地区活動方針を「ロータリーの魅力を広めよう!」と掲げられ、ポリオの根絶とDEI(多様性・公平さ・インクルージョン)への取り組みを強調されておられます。

今年度、私のクラブターゲットは
「二つの手」他の人を助ける手 自分自身を助ける手・・・と致しました。
ロータリーの原点は、親睦と奉仕と言われております。
世界では紛争が起こり、国内では自然災害が頻繁に起こっている今、ロータリアンとして、小さなことでも、少しでも困っている人々や地域の人々の手助けになる奉仕活動ができればよいかと思われます。
また、ロータリーで出会えた仲間とのご縁を大切にし、家族や自分の仕事を大事にすることが 自分自身を助ける手となると考えます。
そして、長年継続されてきた事業を引き継いで行き、楽しい有意義なクラブづくりを目指したいと思います。会員の皆様のご協力、ご指導、ご鞭撻を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

 

更新記録

 

Copyright(C) 2024 Rotary Club of KAGA CHUO All Rights Reserved.