国際ロータリー2610地区 加賀中央ロータリークラブ

国際ロータリー2610地区 加賀中央ロータリークラブ

加賀中央ロータリークラブ

ロータリークラブ

 

ロータリークラブとは加賀中央ロータリークラブ 2021-2022クラブターゲット【『Again』~つなげよう 明日へ~】

他人に対する思いやりと、他人のためにつくすことである。
ロータリアンは、地域社会をより良くする努力を通して他人のために奉仕し、ビジネスと専門職務における道徳的水準を高め、各国の人々の聞にも知識と理解の懸け橋を築いて世界平和の大義を推進することを目指 している。
超我の奉仕。

 

第45代 会長
徳田 満

加賀中央RC会長 徳田 満(とくだ みつる) 

加賀中央RC 徳田 満(とくだ みつる) 

『 新時代への挑戦 』

 この度、第45代加賀中央ロータリークラブ会長を仰せつかりました徳田 満です。
一年間どうぞよろしくお願い致します。
今年度は創立45周年を迎える年であり、私にとりまして誠に身に余る光栄でありその責任の重さを痛感しております。
我がクラブが地域社会に必要とされるロータリークラブであり続ける為にも、諸先輩方の築いて来られた功績を再度確認すると共に、ロータリーの基本を学びつつ、又時代の変化に対応出来るよう心がけて参ります。
何かと未熟な私ですが、橋本勝寿幹事と共にこの一年間責務を全うする所存ですので、会員の皆様のご指導、ご鞭撻、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

さて今年度のRI会長ステファニーA.アーチック氏のメッセージは『ロータリーのマジック』です。ロータリーの行動計画を推進し、継続と変化のバランスを取り、平和のために活動するよう会員に促しておられます。第2610地区ガバナー大橋聡司氏は地区活動方針に『ロータリーを高めよう』と掲げ、RI優先事項及び3年間の目標の継続性・シンプルさと整合性・地域適応力が大切だと伝えておられます。

 又、今年元日に起きました能登半島地震復興支援として復興支援会議を設置、ガバナーが委員長となり被災地支援をけん引されます。復興支援にも継続性が必要だと述べておられます。

 そして、私は今年度のクラブターゲットを『新時代への挑戦』と致しました。
今、私達の地域・クラブでは難しい問題に直面しており、非常に重要な時期に来ております。これを乗り越える為に『挑戦』としました。今までの良いものを残しつつ、新しい未来へのクラブづくりが急務と考えます。クラブの将来を皆様と一緒に考え、そして強いクラブを目指していきましょう。
我が加賀中央ロータリークラブは居心地の良いクラブ=DEIであることを私は誇りに思っており、これこそがクラブの魅力と強さだと確信しております。未来に向けて更なる発展を成し遂げる為にも増強を成功させ、新時代にふさわしいクラブづくりに挑戦し続けましょう。
会員の皆様と有意義な一年間を目指し、ロータリーライフを共に楽しみましょう。

 

更新記録

 

Copyright(C) 2024 Rotary Club of KAGA CHUO All Rights Reserved.